スクール

【2024年最新】転職でおすすめのプログラミングスクール3選を解説してみた

ベアさん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

近年リモートワークなどの自由な働き方やキャリアチェンジを考える人に人気の「プログラミングスクール」

さらに、プログラミング業界は需要が高い割に深刻な人手不足なので、スキルが身につけば年収も上げやすいです。

プリセット1
プリセット1

とはいえ、どのプログラミングスクールがいいのかわからない…

という人も多いでしょう。しかも、プログラミングスクールは高額な割に中身が薄いものも多いです。

そこで、現役エンジニアの僕が厳選したプログラミングスクールをおすすめ順に3つ紹介します。

皆さんが安心して選べるように厳選したので、自分に合うスクールを見つけてくださいね。

スポンサー

転職におすすめのプログラミングスクール3選

プログラミングスクールを間違えてしまうとエンジニアとしてのキャリアが厳しくなります。

そこで、今回は現役Webエンジニアの視点をもとに、転職におすすめのプログラミングスクールを3つ順番に解説します。

結論を言うと

  1. RUNTEQ(ランテック)
  2. ポテパンキャンプ
  3. テックキャンプ

の3つになります。

基本的にはRUNTEQをおすすめするのですが、それぞれ少しずつ違うので以下で解説していきますね。

全年代におすすめ「RUNTEQ(ランテック)」

出典:RUNTEQ
学べるスキルRuby(Rails),JavaScript,Dockerなど
転職保証の条件保証なし
評価されるスキルか
転職サポートの充実度
働きながらの学びやすさ
値段55万円(給付金あり: 16.5万)(
おすすめ度

独自のカリキュラムで現場レベルでも通用するスキルが身につく「RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQの特徴は以下の通りです。

RUNTEQの特徴
  • 学習コミュニティで挫折しない
  • 1000時間の学習でしっかりとスキルが身につく
  • 就職の手厚いサポートがある

RUNTEQの強みはなんといっても、「現場で通用するスキル」を身につけれる点ですね。

よく3ヶ月で転職!年収1000万というスクールがありますが、よくもまぁそんなことを笑

卒業までに1000時間かかるとRUNTEQのサイトには書いてますが、Webエンジニアはそこからがスタートラインです。

そして、現役エンジニアの目から見てもカリキュラムに無駄がなく、信頼できるスクールですね。

無料相談はこちら

RUNTEQを詳しく知りたい人はこちら↓

あわせて読みたい
【RUNTEQ(ランテック)レビュー】9ヶ月でエンジニアになれるスクールを徹底解説!
【RUNTEQ(ランテック)レビュー】9ヶ月でエンジニアになれるスクールを徹底解説!

20代におすすめ「ポテパンキャンプ」

出典:ポテパンキャンプ
学べるスキルHTML,CSS,JavaScript,Rubyなど
転職保証の条件29歳以下
評価されるスキルか
転職サポートの充実度
働きながらの学びやすさ
値段44万円(給付金あり: 16万円)(
おすすめ度

卒業後、開発経験が積みやすい会社に転職しやすい「ポテパンキャンプ」もおすすめです。

ポテパンキャンプの特徴
  • Webエンジニア輩出No.1
  • 100社以上の提携企業
  • 満足度100%の転職サポート

期間が5ヶ月とやや短めなのと、29歳以下の転職保証があるので、20代におすすめのスクールです。

学習内容は現場でも使う内容ばかりなので大丈夫なのと、メンターさんのコードレビューがあるのも嬉しいですね。

無制限で質問や転職サポートが受けれるので、初めての転職でも安心して受講できますよー!

無料相談はこちら

ポテパンキャンプをもっと知りたい人はこちら↓

あわせて読みたい
【2024年最新】転職でおすすめのプログラミングスクール3選を解説してみた
【2024年最新】転職でおすすめのプログラミングスクール3選を解説してみた

30代におすすめ「テックキャンプ」

出典:テックキャンプ
学べるスキルHTML,CSS,Sass,JavaScript,Rubyなど
転職保証の条件39歳以下
評価されるスキルか
転職サポートの充実度
働きながらの学びやすさ
値段65~71万円(19.5~21万円)(
おすすめ度

39歳以下に転職保証があるため、30代におすすめの「テックキャンプ」

そんなテックキャンプの特徴は以下の通りです。

テックキャンプの特徴
  • 未経験に特化した学習環境
  • 98%の転職成功率
  • 専属キャリアアドバイザーのサポート

プランも豊富にあって、「仕事を辞めるor働きながら」や「オンラインor通学」も選べます。

料金が高いのと、似たようなことがRUNTEQやポテパンさんでできるので、20代はあえて選ぶ必要はなさそうです。

料金も安いプランで65万と割と高額です。サポートなど考えると仕方ないかと思う部分もありますがお財布と相談してくださいね。

ただ、14日間は無条件で返金保証をやっているので気になる人はぜひ!

無料相談はこちら

テックキャンプを詳しく知りたい人はこちら↓

あわせて読みたい
【2024年最新】転職でおすすめのプログラミングスクール3選を解説してみた
【2024年最新】転職でおすすめのプログラミングスクール3選を解説してみた

プログラミングスクールの選び方のコツ4選

学習
30代会社員
30代会社員

そもそも、プログラミングスクールってどうやって選んだらいいの?

という人向けに、ここからは「転職したい人のプログラミングスクールの選び方のコツ」を4つ解説します。

結論から言うと

  • 転職保証があるかは別にチェック不要
  • 転職市場で評価されるスキルか確認する
  • 働きながらでも学べる環境か調べる
  • 転職先の企業は優良か調べる

の4つです。1つずつ解説します。

転職保証があるかは別にチェック不要

お金と男性

スクールを決める際、転職保証が自分にあるのか?で選ぶ人は多いですが、黄色信号です。

なぜなら、転職保証があるせいで納得のいく転職ができないことが多いからですね。

というのも、転職保証があるスクールはたいてい利用規約などに細かい返金条件が書いてあります。

  • 期限までに課題を終わらせる
  • 紹介企業の面談をキャンセルしない
  • イベントには参加必須

など、知らずのうちに転職保証が適応されていないことがありますね。

紹介企業に内定をもらったのに、その会社がブラックで開発させてくれなそう…でも断ったら転職保証がなくなるし…

といった状況になると、満足いく転職ができなそうですね。僕はそういった事態に陥ってほしくないです。

なので、転職保証があるかどうか?というのはプログラミングスクール選びの観点からは外してもOKと考えています。

転職市場で評価されるスキルか確認する

本とコードが書かれたパソコン

カリキュラム全体で「転職で使えないスキルを教えていないか」をチェックするようにしましょう。

具体的に評価されるスキルというのは

評価されるスキル
  • Ruby(Ruby on Rails)
  • PHP(Laravel)
  • Python
  • JavaScript
  • AWS

などの言語ならOKですね。

逆に評価されにくいスキル

評価されにくいスキル
  • HTML
  • CSS
  • WordPress

などはどちらかというと副業やWeb制作企業に行きたい人が習得すべきです。

もちろんHTMLやCSSは最低限必要ですが、メインで学ぶスキルではないという意味ですね。

また、未経験からエンジニアを目指すのであればRuby(Rails)という言語をおすすめします。

言語の特徴として、スタートアップ系の会社さんが多いのと、日本でよく使われる言語なので転職がしやすいからです。

働きながらでも学べる環境か調べる

仕事や作業をしている様子

仕事を続けながらプログラミングをしたい人は「働きながら学びやすいか」を調べるようにしてくださいね。

なぜなら、働きながら学びにくいと

  • 転職までに時間がかかる
  • 途中で挫折してお金と時間が無駄になる
  • スキルが育たないため、悪条件の転職に

などのマイナスしかないからです。

具体的なチェック項目は

  • そもそも働きながら受講できるか
  • 質問対応が23時まで受け付けているか
  • 仕事に影響がでない学習スケジュールか

などを確認しておきましょう。

スクールを選ぶときは、無料相談などで「働きながらの転職成功例」などを聞いて決めるのもおすすめですよー!

転職先の企業は優良か調べる

マンツーマン

個人的に1番大事だと思うのが「転職の企業は満足して働けるか」をチェックしておくことです。

なぜなら、せっかく転職したのに

  • スキルアップできない…
  • 会社に行くのが苦痛
  • 給料が低いし上がる見込みもない

なんてことになれば本末転倒だからですね。

おすすめの見分け方は「自社開発企業」の求人保有率が多いかをチェックする方法です。

IT業界はざっくり2つに分けると

  • 自社開発企業→ホワイト企業
  • 受託開発企業→ブラック企業

の2つに分けられます。そして、自社開発企業のほうがキャッシュリッチなのでホワイトになりやすいです。

なので、自社開発企業への転職率が高いスクールを選ぶのをおすすめします。

転職したい人のよくある質問4選

プリセット1
プリセット1

とはいえ、スクールに疑問があってなかなか勇気が出ないんだよな…

という人向けに、転職したい人がスクールについてよくある質問を4つまとめてみました。

結論よくある質問とは

  • 何ヵ月で転職できますか?
  • 転職サポートの具体的な内容は?
  • 未経験でも転職できますか?
  • エンジニアになればいくら稼げますか?

の4つです。1つずつ解説します。

何ヵ月で転職できますか?

時計を持っている

転職できるまでの期間は「仕事を辞めるか辞めないか」の2つで少し異なります。

具体的には

  • 仕事を辞める→6ヵ月
  • 仕事を辞めない→1年程度

ぐらいが一つの目安になってきます。

時間をかければかけるほどスキルが向上するため、転職では有利です。なので、「自分はどの企業を目指すのか」を明確にしましょう。

また、1週間の平均学習時間は

  • 仕事を辞める→40時間
  • 仕事を辞めない→20時間

ぐらいになってきます。

なので、多くの人は「平日2時間&土日5時間で6か月ぐらい」学習すれば転職できますよー!

転職サポートの具体的な内容は?

サポート

スクールによって若干異なりますが、基本はほとんど同じで

  • 専属のキャリアアドバイザーへ相談
  • エントリーシートの添削
  • 希望に合った求人の紹介
  • 面接対策

などはどのスクールも行っています。

専属のキャリアアドバイザーというのは、業界の知識や自己分析の仕方を気軽に相談できる転職のプロことです。

また、転職すべき企業は自社開発系を目指す方がホワイトでスキルも上げやすいのでおすすめですよ。

実際これらのサポートがあるので転職成功率は90%後半のスクールがほとんどなので、未経験でも安心してくださいね。

未経験でも転職できますか?

転職の面接

未経験でも全然大丈夫ですし、プログラミングスクールで学んでいる9割以上の人は未経験なので安心してください。

とはいえ、40代で未経験の人は難しいですが、20~30代なら全然転職できます。

なぜなら、

  • エンジニアは人手不足
  • スクールのサポートが充実している
  • エンジニアの転職市場は流動性が高い

などが関係しているからです。

なので、「未経験だからエンジニアは無理かな…」などと諦める必要はないですよー!

エンジニアになればいくら稼げますか?

お札を持っている

エンジニアの年収は技術力に依存しているため、人によって異なってくるというのが回答です。

とはいえ、ざっくり目安を解説すると

  • 転職1年目→年収300万代
  • 転職2~3年目→年収500万代
  • 転職5年目以降→年収1000万

コツコツ努力できる人ならこんな感じになるでしょう。

上のような年収の上がり方は「2~3回転職+フリーで独立」という形ですが、中には3年目からフリーで独立して年収1000万稼ぐ人もいるでしょう。

なんせ技術力が一定レベルを超えれば、仕事に困ることもなく、年収1000万も稼げるようになるのでエンジニアはおすすめですよー!

まとめ スクールを使ってエンジニア転職しよう

いかがでしたか?この記事では「転職にオススメのプログラミングスクール3選」を解説しました。

正直迷ったら、RUNTEQにするのが大きく外してもないしエンジニアのキャリアを築きやすいですよ。

無料相談はこちら

RUNTEQを詳しく知りたい人はこちら↓

あわせて読みたい
【RUNTEQ(ランテック)レビュー】9ヶ月でエンジニアになれるスクールを徹底解説!
【RUNTEQ(ランテック)レビュー】9ヶ月でエンジニアになれるスクールを徹底解説!

この記事が皆さんの参考になれば嬉しいです!

ABOUT ME
ベアさん
ベアさん
Webエンジニア
プログラマー.site管理人

・現役Webエンジニア
・フリーランス2年目
・メイン言語: Ruby on Rails

楽しく働くエンジニアが増えるように情報発信やってます!
記事URLをコピーしました